40歳の転職チャレンジ!~転職活動を制するために~

*

40歳の転職で大切な5つのステップ

 転職には良い転職と悪い転職があります。もちろん前者を目指すべきなのですが、40歳という年齢で転職を試みると、ちょっとした勘違いや認識不足で悪い転職になってしまうこともあるものです。

 そうならないために転職の流れを知り、後悔のない活動を行うようにしましょう。

転職準備は具体的に準備する

 
 まずは転職の準備に取りかからなければなりません。これが何よりも肝心要。転職の準備とは具体的に、自分自身や企業などに関する情報を集めること。

 これをどれだけしっかりとできるか、また、どれだけ良質なものを用意できるかによって転職活動の質そのものが変わってくるのです。

<関連記事>
40歳の転職計画の立て方
シビアな自己分析を実践する
自分の市場価値を把握する
お金も時間もかけないで出来る体調管理って?!
休職中の40歳、転職活動してもOK?
転職活動にかかる期間と、それの長短による弊害

求人情報は条件を絞って集める

 
 用意した情報を元に、どのような求人を集めていくのか、これが次のステップ。多くの求人情報の中から自分に合ったものを選び出す作業は簡単なことではありません。しかしそれを疎かにせず、勤めたいと思えるような企業を見つける。この作業にも転職の質が左右されます。

<関連記事>
仕事探しに大切なこと
40歳の転職には欠かせない転職エージェント
40歳と転職サイトのスカウト機能

履歴書と職務経歴書は説得力が大事

 
 次に行いたい作業は、履歴書や職務経歴書の作成。40歳という年齢ですから経験があるはずです。その経験を活かして書き上げる履歴書・職務経歴書は説得力のあるものでなくてはなりません。これは自分を説得するものではなく、応募先企業を説得・納得させるものと考えておきましょう。

<関連記事>
履歴書と職務経歴書は何が違うのか
40歳が履歴書で見られるポイント
40歳が職務経歴書で大切にすべきこと

面接では40歳ならでは感覚をアピールしよう

 
 いよいよ面接です。転職を完成させるための山場、それが面接。これも年齢を重ねることで積み上げてきた経験や技術が活きてくる作業。若い人には出せない感覚を発揮することで企業の面接官をうならせ、納得してもらうことができるのです。見た目はとても大事。これも意識して面接に挑みましょう。

<関連記事>
自己紹介で関心を引き付ける
志望動機には説得力が必要
40歳の面接対策

退職を計画的にすすめていこう

 
 面接官に対して説得力のある表現ができれば大成功。良い転職活動が出来たと言えるでしょう。ただし、転職活動はこれで終わりではありません。

 その後に待っているのが退職活動。トラブルや遺恨が残りがちなこの作業ですが、それがないようにしなければ本当の意味での「良い転職」とはならないでしょう。

<関連記事>
円満退職する方法
40歳が注目される入社のチェックポイント
40歳の新入社員が気を付けるべきポイント
この転職は失敗と40歳が感じたら

公開日:
最終更新日:2015/12/02