40歳の転職チャレンジ!~転職活動を制するために~

*

40歳の新入社員が気を付けるべきポイント

      2015/07/27

40歳の入社心得

 
 40歳の中途採用者を迎える転職先は、立場によって新入社員の受け入れ態勢が異なります。新風を喜んでくれるひともいれば、自分のライバルになることを懸念しているひともいるはずです。
 
 また、ルールやシステムが異なる会社で、一から自分のポジションをつくっていかなければならないので、入社直後の印象をどう与えるかが、とても大切になります。入社後3カ月は社内の観察期間と定め、自分らしく成果を上げる土壌をつくるためにも、良好な人間関係を構築する下地をつくることに、主眼をおくと良いでしょう。

入社の挨拶の注意点

 
 まず、入社初日は指定された時間より、早めに出勤すること。そして、清潔感あふれる身だしなみで出社することが大原則です。良識ある社会人であることを印象付けたら、後は初日の挨拶に失敗しなければ問題ありません。
 
 挨拶では、氏名と前職、今後の抱負を話すのが基本ですが、この際、過去の仕事の自慢をしていると思われないように、話し方には注意が必要です。また、長いスピーチも嫌われるので、1~2分で話ができるように、しっかり考えておきましょう。後に雑談がしやすくなるように、出身地や家族構成、趣味の話などを盛り込んでおくと、昼休みなどに仕事以外の話題で盛り上がることができるはずです。

<関連記事>
円満退職する方法
40歳が注目される入社のチェックポイント
この転職は失敗と40歳が感じたら

 - 円満退職は入社準備に影響有

  関連記事

この転職は失敗と40歳が感じたら

再転職活動を始めるリスクも考える  近年、40代・50代の転職市場は活況で、求人 …

40歳が注目される入社のチェックポイント

面接時のチェックポイント    40歳のあなたにとって、後悔のない転職をすること …

円満退職する方法

転職成功のためにも円満退職を目指す  40歳で転職するひとのほとんどが、これまで …