40歳の転職チャレンジ!~転職活動を制するために~

*

40歳の面接対策

   

面接は準備の内容で決まる

 
 面接と聞くと、本番を上手に乗り切れば、うまくいくと考えているひとが多いようですが、とんでもない間違いです。面接本番を成功させるためには、準備に時間とパワーをかけることが不可欠です。応募書類の控えに再度目を通し、応募企業のホームページにアクセスして、企業理念や事業ビジョンを暗記するくらいの気持ちで読み込み、面接の返答を通して何をアピールするかは、きちんと考えておくべきです。
 
 また、ハイクラスな求人や管理職候補の場合は、ライバル会社についても下調べを行い、競合に勝つために、自分のスキルやノウハウがどのように活用できるのか、ロジックを組み立てておくと、より効果的です。

逆質問も考えておく

 
 面接では、応募者が逆質問する機会が必ずあります。この逆質問で、自分をアピールすることも、自分が入社すべき会社かどうかを見極めることもできます。面接のダメ押しになるように、何をどの順番で聞いて、印象の残すのかも、戦略をたてておく方が無難です。
 
 また、一次面接と二次面接、最終面接では、面接官が変わっていきます。逆質問の内容も、対面する相手に合わせてカスタマイズが必要です。誰に何を聞くことが、応募企業を知るうえで得策か、しっかり考えておきましょう。

<関連記事>
自己紹介で関心を引き付ける
志望動機には説得力が必要

 - 面接を乗り切るコツ

  関連記事

no image
自己紹介で関心を引き付ける

自己紹介で面接の雰囲気が変わる    40歳の求職者の場合、面接まで進むのは、そ …

志望動機には説得力が必要

志望動機は自分のストーリーを語る    40歳の求職者の場合、自分が入社したいと …