40歳の転職チャレンジ!~転職活動を制するために~

*

40歳が職務経歴書で大切にすべきこと

   

読みやすくまとめられているかどうか

 
 企業の採用担当者は、履歴書より職務経歴書の内容により、面接に呼ぶかどうかを決めることが多いです。このとき、送られてきた応募書類すべてを、隅々まで読んでいるわけではないことを、求職者は自覚する必要があります。
 
 まず、職務経歴書がA4版で2~3枚程度に、読みやすくまとめられているかどうかで、ふるいにかけられます。ただ過去の実績を文章で羅列するような職務経歴書を送ってくる求職者が、相手の立場にたって、協調性を持って働ける素養を持っているとは考えにくいからです。
 
 また、職務経歴書は募集職種の専門知識のない採用担当者だけでなく、現場担当者や経営陣など、いろいろな立場のひとの目に触れる可能性があります。その誰が読んでもわかりやすいことが、大事なポイントです。

書くべき3つのポイント

 
 職務経歴書で書くべきポイントは、「これまで何をしてきたか」「いま何ができるのか」「これから何がしたいのか」の3つです。ここでは職能に関わることだけでなく、組織運営やマネジメントに関わるキャリアも必ず書き加えることが大事です。
 
 業務と役割の両面から、自分の経験とできること、それを活かしてどう貢献していきたいのかを、簡潔に書くようにしましょう。

<関連記事>
履歴書と職務経歴書は何が違うのか
40歳が履歴書で見られるポイント

 - 応募書類の本質を知ろう

  関連記事

no image
履歴書と職務経歴書は何が違うのか

履歴書が担う役割    履歴書の役割は、応募者個人の経歴を伝えることです。採用に …

no image
40歳が履歴書で見られるポイント

個人情報欄で見られること    履歴書には、氏名・年齢のほかに、住所、通勤時間、 …