40歳の転職チャレンジ!~転職活動を制するために~

*

40歳が履歴書で見られるポイント

   

個人情報欄で見られること

 
 履歴書には、氏名・年齢のほかに、住所、通勤時間、扶養家族の有無、貼付写真など、個人情報に関連する内容が、規定項目として用意されています。実は求職者の予想以上に、この個人情報欄はきちんと見られています。
 
 というのも、通勤時間や扶養家族の有無は、採用後にかかる費用を概算する目安になりますし、貼付写真の印象が悪い時点で、書類選考の査定ポイントはマイナスされてしまいます。企業は長く定着してくれる社員を求めていますから、少しでも好印象を与えられる写真を貼付することをおすすめします。

特に重視されていること

 
 転職の場合は、学歴や職歴が募集職種とマッチしているかどうかと、必要な資格や免許を持っているかどうかは、真っ先にチェックされます。そのうえで、面接に呼ぶかどうかを判断するために、志望動機欄を読み込みます。
 40歳の中途採用者の場合、自分が応募企業に入社したいという熱意だけでは、面接に進むことはできません。
 
 自分の持っているスキルとノウハウを活かして、入社後にどのように貢献したいのかが書かれていること、それが自社の採用ニーズにマッチしていることが、面接に進むためには必要です。しっかり企業研究をして、志望動機を作成しましょう。

<関連記事>
履歴書と職務経歴書は何が違うのか
40歳が職務経歴書で大切にすべきこと

 - 応募書類の本質を知ろう

  関連記事

no image
40歳が職務経歴書で大切にすべきこと

読みやすくまとめられているかどうか    企業の採用担当者は、履歴書より職務経歴 …

no image
履歴書と職務経歴書は何が違うのか

履歴書が担う役割    履歴書の役割は、応募者個人の経歴を伝えることです。採用に …