40歳の転職チャレンジ!~転職活動を制するために~

*

転職者が入社後に注意・意識すべき点は?

   

求められていることを把握・実践

40歳の転職者は、企業に何かしらを認められた上で採用されているはず。それが何なのか、入社後にはすかさず把握しておきましょう。

リーダーシップを求められているのか、それとも技術的なことを求められているのか、あるいは前職で得た経験や知識を伝えて欲しいと思っているのか、転職者によって異なるものの、しかし求められていることを把握しなければ、それを新しい企業に伝達することや成果として残すことができません。

企業に求められていることが把握できたら、それを実践すること。これも意識的に行いましょう。
求められていることによっては多少我が強くなってしまうのも仕方がない。それを求められているのであれば、むしろどんどん実践し、発揮すべきです。

自分の能力は結果で示す

40歳にもなると、少々自分の過去を自慢したり鼻に掛けたりといったことをする人も増えてきます。転職する人は気をつけてください。
入社後にこうした態度をすぐに出してしまうと、周囲の人に引かれたり距離を置かれてしまう可能性大。特に言葉のみで自分の過去やキャリアを得意気に語ったりなどすれば、それは転職先の人たちにとってみれば嫌味でしかなく、間違っても受け入れてもらうことはできないでしょう。

自分の能力は言葉で主張するのではなく結果で示すこと、これを心がけてください。結果が出れば、多少鼻に掛かるような言動があったとしても、きっとついてきてくれる人はいますし、周囲も納得せざるを得ないはず。

言葉と行動と結果を出すこと、この順序があべこべにならないように入社後は注意しておきましょう。

「抜き方」も見付けておきましょう

転職後は何かと気を遣うものです。一緒に働くことになる上司、同僚、部下にも気を遣う人も少なくはないでしょう。仕事にも細心の注意を払うでしょうし、取引先と何らかの形で接触するような業務を任されるような場合には、それにも気を遣わなければいけません。

しかし、気を遣い過ぎてばかりでは疲れてしまいます。「抜き方」もしっかりと見付け、身に付けておきましょう。
抜き方を知っていれば、ストレスが溜まってもそれを解消することができるはず。常に気を張っているのではなく、抜きどころもわかっておかなければいけません。

入社後、この注意点も忘れなければ、精神的・肉体的疲労もほどほどに、常に集中して仕事に取り組むことができるようになるはずです。

 - コラム

  関連記事

af0100025050l[1]
経験と照らし合わせて求人媒体を利用する

転職する際は自分の経験をよく見直す  転職活動を始めるに当たっては、まず自分自身 …

af0100003727l[1]
都市部と郊外での転職のメリット

都会での転職と、郊外での転職  転職をするときには、会社選びも大切ですが、場所選 …

af9920061199l[1]
面接は面接後も大切なポイント

面接はその場を乗り切れば良いわけじゃない  面接では、いかに質問を乗り切るかばか …

1a1aa
転職するにあたって気を付けておきたい事

転職すると決めた時に注意する事  学校を卒業して、初めての就職活動の中でやっとの …

af0100000757l[1]
転職に対する3つの注意事項

転職の理由を明確にする事が重要です  最近では、大卒の30%が3年以内に転職を経 …