40歳の転職チャレンジ!~転職活動を制するために~

*

志望動機には説得力が必要

   

志望動機は自分のストーリーを語る

 
 40歳の求職者の場合、自分が入社したいという思いの強さだけでは、採用に至ることはありません。応募企業が中途採用者に求めるニーズに対し、自身の経験や実績がどのように貢献できるのか、きちんと論理的に説明できることが必須条件です。
 
 その際に大事になるのが、根拠となるオリジナルストーリーがあり、それを語れるかどうかです。40歳の転職面接は、マニュアルでは突破できないので、自分なりの志望動機を準備しておきましょう。
 

企業のニーズにマッチする理由を語る

 
 40歳ともなると、プレイヤーとして個人で成果を上げるだけでなく、マネジャーとして組織運営しながらチームで業績をあげていくスキルを求められることが多くなります。そうした企業ニーズを的確に把握し、業務と役割の両面で企業貢献したいという姿勢を、志望動機の中で見せておくことは、採否に少なくない影響を与えるはずです。
 
 求めるニーズが、現在足りない専門スキルやノウハウなのか、業界内のネットワーク構築なのか、社内の人材育成なのかによって、アピールポイントが異なります。しっかり企業研究をしたうえで、相手のかゆいところに手が届くアピールポイントは何か、しっかり見極めて、志望動機に盛り込みましょう。

<関連記事>
自己紹介で関心を引き付ける
40歳の面接対策

 - 面接を乗り切るコツ

  関連記事

no image
自己紹介で関心を引き付ける

自己紹介で面接の雰囲気が変わる    40歳の求職者の場合、面接まで進むのは、そ …

40歳の面接対策

面接は準備の内容で決まる    面接と聞くと、本番を上手に乗り切れば、うまくいく …