40歳の転職チャレンジ!~転職活動を制するために~

*

この転職は失敗と40歳が感じたら

   

再転職活動を始めるリスクも考える

 近年、40代・50代の転職市場は活況で、求人も堅調と言われていますが、40歳で転職をしたあなたが、入社後にミスマッチに気づいて、再び転職活動を考えているなら、冷静に判断することをおすすめします。「内定時に説明されていた労働契約内容と、入社後の業務や勤務条件がまったく違っていた」など、企業に明らかな落ち度がない限り、その原因は自分にあると認める必要があります。

 入社後に転職に失敗したと感じるのは、入社前の自分の情報収集や企業との確認・交渉の不足など、明らかに自分にも原因があるものです。そうした転職に失敗した原因を追究しておかないと、再び転職活動を始めても、同じことをくり返しかねません。

 また、40歳で短期間で転職活動を始めるのは、リスクも大きいです。企業は自社に定着し、貢献できる40歳を求めていますから、短期間で転職活動を始める応募者を、わざわざ採用しようとは思わないものです。

 レベルダウンのリスクを抱えてでも、再度転職活動を始めるのか、冷静に判断してください。

ひとによっては失業保険の給付が受けられる

 自分は転職したばかりなので、失業保険の給付は受けられないと、手続きをしない40歳の中には、実は受給資格を持っているひとが少なくありません。転職先とすぐに辞めても、以前の職場での雇用保険と合わせて、退職日以前の2年間の間に、12カ月の加入期間があれば、失業保険を受給できます。

 自分がその条件に適用するかもしれないと思ったら、すぐに住んでいる地域のハローワークに問い合わせ、確認をしてみましょう。転職後、期間をおかないで、活動をスタートするには、経済的な基盤が不可欠です。

<関連記事>
円満退職する方法
40歳が注目される入社のチェックポイント
40歳の新入社員が気を付けるべきポイント

 - 円満退職は入社準備に影響有

  関連記事

40歳の新入社員が気を付けるべきポイント

40歳の入社心得    40歳の中途採用者を迎える転職先は、立場によって新入社員 …

40歳が注目される入社のチェックポイント

面接時のチェックポイント    40歳のあなたにとって、後悔のない転職をすること …

円満退職する方法

転職成功のためにも円満退職を目指す  40歳で転職するひとのほとんどが、これまで …